一人ひとりに合ったカードローン

銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

急な出費というのは誰にでも発生するものですが、そんな時に便利なのがカードローン。「カードローンは危険な物」と思っている方も多いのですが、その仕組みなどを知れば決して危ういものではなく、むしろ上手に使えば自分の生活を楽にしてくれる物です。カードローンは、大きく分けると2種類のものがあります。その2種類というのは「銀行系カードローン」と「消費者金融系カードローン」です。同じカードローンでも、実は用途などが大きく違うので、分けて考える必要があるのです。
まず、「銀行系カードローン」ですが、これはその名称通り銀行が行うカードローンで、審査は厳しめですが総量規制の対象外であるため主婦や学生でも融資を受けることが出来ます。また、金利も安く設定されていて、長期借入であっても返済がしやすくなっています。
次に「消費者金融系カードローン」ですが、これは一般的にカードローンでイメージされる方のカードローンです。「少額を担保無しで手軽に借りることが出来る」というのが特徴で、審査も緩めとなっています。しかし、金利は非常に高くなっていて、総量規制の影響で収入の無い主婦などは借りることが出来ません。スピードと手軽さを求めるのであれば消費者金融系、まとまった金額を借りたいというのであれば銀行系といった具合に、使い分けることが重要です。

カードローンを利用する時の業者の選び方

カードローンは銀行と消費者金融がサービスを提供していますが、どちらを利用していいのか分からない人も少なくないでしょう。そこでカードローンを利用する時にどのように業者を選べばいいのか確認していきましょう。
【金利を重視する時は銀行】銀行と消費者金融はカードローンのサービスを利用してお金を借りると金利が発生して利息が加算されていきます。それで金利の設定が気になりますが、銀行の方が消費者金融より低く設定されているので加算される利息も少なくなります。金利を重視する時は低く設定されている銀行を選んだ方がいいです。
【早くお金を借りたい時は消費者金融】銀行は金利が低く設定されているので審査が厳しくて時間がかかってしまう事が多いです。それで即日融資を受けるのはなかなか難しいです。しかし消費者金融は審査が最短30分で回答されるので可決されれば即日融資を受ける事が出来ます。早くお金を借りたい時は消費者金融を選んだ方がいいです。
【スマホで手続きをしたい時は消費者金融】銀行は申込手続きをする時に来店しなければいけない事が多いです。しかし消費者金融はネット完結で申込手続きをする事が出来るようになっています。スマホで手続きをしたい時は消費者金融を選んだ方がいいです。