計画的に行うことが大切

カードローンの利用は計画的に行おう

カードローンとは、消費者金融や銀行などが行っているサービスで、専用の審査を受けてカードを作成すれば、決定した限度額までお金を借りることが出来るというサービスです。ちゃんと就労していて一定の定期収入があれば誰でも非常に簡単にカードローンは利用でき、昨今ではアルバイトの方でも作ることが出来るようになっています。しかし、だからこそカードローンを利用する際は計画的に行わなくてはいけないのです。
カードローンはちょっと銀行やコンビニATMに行くだけで、まるで貯金を下ろすようにお金が出てきます。そのためついつい使いたくなってしまいますが、これは立派な借金です。年間で多いと十数%もの年利がかかってくるため、実質的には借りた金額よりもはるかに多い金額を返済しなくてはいけません。そのためカードローンを使用する際は、どうしてもお金が必要になるような場合や、どうしても欲しいものがあった場合などに限定して、「ちょっと欲しいかも…」といった誘惑などには使うことは避けた方が得策と言えます。
もちろん非常に便利なサービスでもあるため、積極的に活用しても問題はないのですが、無計画にお金を借りるということがないように気をつけるようにしましょう。

カードローンの審査基準について

カードローンに申し込みをすると審査が行われますが、可決されないと契約する事が出来ないのでお金を借りる事も出来ません。カードローンに申し込む時は審査に落ちないようにしていく事も大切になってきます。そこでカードローンの審査はどのような点が基準になっているのか確認していく事にしましょう。
【返済能力がある】カードローンの審査をする時にまず利用者の収入を見て返済する事が出来る能力があるかどうかを確認します。安定した収入を得ている事はもちろんですが、他社からの借り入れがないと返済能力がないと判断されて審査が可決されます。しかし安定した収入があっても他社からの借入件数が3件以上あると返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまうので注意が必要です。
【信用情報に問題がない】カードローンの審査では信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。過去のキャッシングやクレジットカードの利用履歴を確認して問題なければ審査が可決されます。しかし滞納していたり債務整理をしているなど金融事故の履歴が残っていると審査に落ちてしまいます。信用情報に問題があるとカードローンを利用する事が出来ないので注意しましょう。カードローンの審査はこのような点が基準になっているのでしっかり頭に入れておきましょう。