各金融機関の違いとカードローンのメリット

article list

2017年10月18日
カードローンは賢く利用することでお得になるを更新しました。
2017年10月18日
自分の状況と条件に合わせたカードローンを利用を更新しました。
2017年10月18日
計画的に行うことが大切を更新しました。
2017年10月18日
一人ひとりに合ったカードローンを更新しました。

カードローンに対する各金融機関の違い

カードローンはいろいろな金融機関から提供されています。お金を借りられるということを見ればどのカードローンも同じのように思われるかも知れませんが、詳しく見ていくと各金融機関によっていろいろな違いのあることが判ります。いちばん大きな違いは金利ということになります。借りたお金は金利と借入日数を用いて計算された利息を付けて返済しなければなりません。カードローンを利用する際に金利を気にしなければならいのはこのためです。利息を決定する金利は各金融機関によって微妙な差があるのでカードローンを選ぶ際には注意する必要があります。
金利は大雑把に言えば、銀行系のものより消費者金融系のカードローンの方が高くなっています。高いとは言っても数%ではありますが、返済までの日数が多くなる場合は利息が大きくなってしまうので長期に渡り借入をする場合は銀行系のカードローンに申し込みをするのが良いと言えます。ただし、銀行系のカードローンは利用者が限られるということは付け加えておく必要があるでしょう。アルバイトやパートタイムで働いている方が銀行系のカードローン審査に通るのは非常に難しいのです。一方、消費者金融のカードローンではアルバイトやパートタイムで働いている方からの申し込みも受け付けています。これもカードローンに対する各金融機関の違いとなります。

ネット銀行のカードローンの2つのメリット

カードローンは大手銀行が主流になっていますが、最近ではネット銀行のカードローンを利用する人が増えてきています。ネット銀行のカードローンは店舗や契約機が設置されていないので申込方法はネットのみになります。ネット銀行のカードローンに申し込む時はネット環境を整えておく必要がありますが、スマホにも対応しているのでそれほど問題ないでしょう。そこでネット銀行のカードローンはどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
【大手銀行のカードローンより金利が低く設定されている事が多い】大手銀行のカードローンは消費者金融より上限金利の設定が低いと言われているので利用者が多いです。しかしネット銀行のカードローンは大手銀行のカードローンより上限金利が低く設定されている事が多いです。返済する時の事を考えると負担が軽減されるのでメリットに感じる人も多いです。
【スマホのアプリで必要書類の提出をする事が出来る】大手銀行のカードローンを利用すると必要書類の提出は郵送かFAXになる事が多いです。しかしネット銀行のカードローンはスマホのアプリでアップロードをして提出する事が出来ます。必要書類を撮影して送信するだけなので手間をかけずに提出する事が出来ます。